キャッシングの審査基準とは何か

キャッシングの審査基準は、借りる方法によってその重点を置く箇所が若干異なります。
そしてそれは、金融業者によっても違いがあります。
しかし、それらはすべて公表されてはいません。
実体験や口コミなどから判明している情報をお伝えしようと思います。


キャッシングによって異なる審査基準

金融業者からは公表されていない審査基準ですが、ある程度の傾向はあります。
例えば通常のキャッシングなら、利用者がしっかりと返済できるかどうかを重点的に見ています。
収入や働いている年数、住居と家族構成などがそれにあたります。
一方で、複数の借入を1つにまとめる借り換えローンでは、それまでの借入利用件数を重点的に見られます。
基本的に、件数が多ければ多いほど不利になり、4件以上借入があると審査に通るのは厳しいと言われています。


金融業者によっても異なる

また、キャッシングの金融業者によっても基準には違いがあります。
そのため、もしA社の審査に落ちてしまっても、B社では通ったという話は珍しくありません。
かといって、短期間に何社もキャッシングの申し込みをしてしまうのは、業者側に「借金を借金で返そうとしているのかも」と警戒されてしまいます。
もし落ちてしまったら、数ヶ月は間をあけて別の業者に申し込むようにしましょう。